葬儀の時の着物でトイレにいきやすくするポイント

葬儀の時に着物を着ることは珍しくありません。慣れていない人にとっては、トイレにいきたくなるというのは鬼門といってもいいでしょう。とにかく大変な瞬間であり、考えてしまうことになります。いろいろと対策として重要になってくるのは、トイレにかかる時間が4倍近くかかってしまうことも珍しくありません。そうなると、とにかく大慌てになってしまうため、時間には十分余裕を持つことが必要です。

トイレにいくとなると、着物の裾が大きな問題になっていきます。そこで洋式トイレを探しておくことが重要になるでしょう。和式に比べると、驚くほどの差を感じることになります。早めに見つけておくことが重要で、焦らないようにするために必要な段取りを考えておくことが大切です。できるだけ広い場所をチェックしておくことも大事な要素になるでしょう。姿見などもあるかどうかは大事なポイントになってきます。スペースがある程度あれば、着物が汚れるといった心配も気にならなくなるのは間違いありません。

着物で葬儀に参列するのであれば、いろいろと気をつけておくべきポイントがあります。トイレにいきたくなった時のことを考えて、着物を抑えられるクリップと大判のハンカチは必要です。クリップがあれば、裾を仮止めすることができますので、数個持って歩くと便利です。大判ハンカチは襟や胸元にファンデーションがついてしまうことも防げます。

実際の問題としてローライズの下着を着用しておくといいでしょう。これだけでトイレでかなり楽になります。ウエストまであるとどうしても帯に挟まれたりするため、用意しておくことがおすすめです。